電力自由化の仕組みと背景

電力自由化,比較,電気事業者

私たち人間が生活をする上で欠かせないものと言えば電気がありますが、電気があるおかけで冷暖房器具などを利用して部屋の温度をいつでも一定に保つことができることや暗い部屋に明かりを灯すことができます。

 

通常であれば電力会社から電気料金という名目でお金を支払う代わりに電気を供給してもらうことができるようになっているのですが、水道やガスと並んで必要な費用であり、少しでも支払いにおける負担を減らそうと節約を心がけている人もいるかもしれません。

 

電力会社から当たり前のように買い取っていたので、あまり買うという意識が無い消費者も少ないと思いますが、2016年から始まる電力自由化によって必ずしも今の電力会社から電気を買う必要性は無くなり、自分で業者を選んで購入することができるようになります。

 

そのため、電気を売却する会社や業者についても今後は少しずつ増えていくことが想定されますが、それぞれの業者が顧客を獲得するためにサービスや料金などの競争が起こることも想定されるので、消費者にとっては現状よりも状況は良くなることが想定されます。

 

電力事業者の選定には慎重な見極めが必要

電力自由化が始まってから一定期間は業者も奮起してどんどん利用者を増やそうとするので、キャンペーンなどにもかなり力を入れることが想定されますが、最初のうちは試行段階になるため、特に慎重に見極める必要があります。

 

電力自由化に伴ってかかる電気代がマイナスになることはかなりのメリットだと言えますが、地球環境などのことを考えた場合のメリットも高くなっており、よりエコな電気の使い方をすることができるようになります。

 

最近は家庭用ソーラーパネルを設置しているところが多いので、自家発電でほとんどの電気を賄えているところもあるかもしれませんが、夜間についてはどれだけ晴れていても太陽の光がないのでエネルギーを生み出すことはありません。

 

夜間の電気だけでも費用を抑えることができるとかなりの節約効果も期待できます。

 

ENEOSでんき

 【ENEOSでんき】実は電気のベテランです!
 電気新規参入事業者は多いですが、実は一番オトクになるのは【ENEOSでんき】
・「ENEOS」は自社で発電しています!
・Tポイントも貯まります♪
※まとめなくてもお得にできるのは【ENEOSでんき】です!
>> まずは「我が家の電気代かんたんシミュレーター」で現在の料金比較をすぐに確認!

【贅沢亜鉛】牡蠣のチカラα


電力自由化とは?

電力自由化,比較,電気事業者

2016年から始まる新制度の一つに電力自由化がありますが、これが始まることによって電気を使用している人は自分で電気を購入する会社を自由に選ぶことができるようになり、費用やプランなども購入する企業が用意している物を選ぶことになります。

 

これまでは電力会社の独占事業だったので、電気を使うためには必ず電力会社から購入する必要がありましたが、電力自由化によってさまざまな企業が新規参入すると表明しているため、制度が始まったタイミングで切り替える家庭も多くなることが予想されます。

 

必ずしも電力会社が選択肢とは限らない!?

また、電力自由化で新規参入する業者は必ずしも電気の事業と関係があるとは限らず、外食産業やハウスメーカーなどさまざまな企業が参入を予定しているので、日頃から利用している企業がある場合は契約することによって割引などの恩恵を受けることができる可能性も高くなります。

 

それぞれの電気販売会社を比較してもっとも安いところを選んで契約することができるといったように比較することができるようになるというのも魅力の一つで、直接的な節約効果も期待できることから制度が始まる前からかなりの注目度になっています。

 

ただし、電気を買う会社が現在の電力会社から他の会社に変わったからといって現状よりも安くなるとは限らず、新規参入する企業は電力を作り出すための装置に初期コストがかなりかかっていることも想定されるため、最初から格安で電気を売却するのは難しいことも想定されています。


現在の電力事情

電力自由化,比較,電気事業者

日常生活において当たり前のように使用している電気は火力発電や水力発電などさまざまな発電を通して発生した電気を取り扱っている電力会社から購入するのが一般的となっていますが、電力会社から買う以外に電気をカバーする方法は自家発電によって発生した電気になります。

 

しかし、電力自由化に伴ってさまざまな企業が電気売買の事業に参入することを意思表示しているため、今後は電気を購入するのも自分で会社を選んで電気代やサービスなども考えて選ぶようになることが想定されます。

 

これによって競争が起こり相対的に電気代は下がる期待もあります。

 

電力自由化は海外では珍しくない

電力自由化は海外では既に取り入れているところも多いので、制度そのものが珍しいというわけではなく、電力自由化によって電気代を節約することができたという声や付加価値をつけてもらうことができたなどの海外の声もあります。

 

ただし、太陽光発電や風力発電などを自宅に取り入れている場合はその発電によって多くの電気をカバーすることが可能になるため、あまり電力自由化の恩恵を受けることができないかもしれません。

 

電気を発生させる方法にはさまざまな形がありますが、これから新規参入しようとしている会社も独自に発電させる装置を導入して新たに電気を生み出すところから始めることになります。

 

初期コストがかかっていることもあって最初から極端に安く電気を売却するところはあまり多くないと予想されるので、しばらくは動向に注視する人も少なくないと予想されます。


電力自由化のメリット

電力自由化,比較,電気事業者

2016年から始まる電力自由化に伴ってさまざまな企業が新規に電気の小売りを始めると言われていますが、家庭や商店など電気が必要なところでは地域の電力会社からしか買うという選択肢がなかった電気の買い方に選択肢が広がるメリットがあります。

 

東京電力など地域の電力会社が独占的に行っていた電気の事業は実に数兆円という規模の事業でしたが、この莫大な市場規模に一般企業が参入することができることもあって経済の活性化が期待できることやビジネスチャンスを掴むことができるメリットもあります。

 

競合が生まれ、電気代が安くなる!

もちろん、参入する一般企業は自分のところで電気を買って欲しいため、他の会社との競合が自然と生まれることになりますが、直接的に電気代を安くすることで契約者数を増やそうとする動きが強まることは十分に想定されます。

 

そのため、今よりも格安で電気を購入することができる可能性もありますが、水道やガスと並んで生活をする上で必要なお金であり、それを節約することができることから財布を管理している主婦には喜ばしい限りだと思います。

 

海外では既に電力自由化の制度を導入しているところもあり、一つの大きな市場になっている国もありますが、日本でどのようになっていくかは実際に電力自由化が始まってからではないと分からない部分もあります。

 

電力自由化が始まってからしばらくは新規参入した会社同士で顧客獲得の競争が激化することも想定されますが、冷静に見てトータルメリットがあるところを選ぶようにしましょう。


電力自由化のデメリット

電力自由化,比較,電気事業者

電力自由化が始まるにあたって既に新規参入を表明している企業をチェックして乗り換える会社の検討をしている人もいるかもしれませんが、電気代が安くなることや付加価値がプラスされるなどのメリットが期待されることから節約効果をもっとも意識している人は多いと思います。

 

電力自由化に伴って参入する会社は独自に発電をさせる装置を用意する必要が出てくるわけですが、事業の一環として行うのであれば家庭用発電くらいのレベルでどうにかなるという問題ではないので、大抵のところは火力発電所など規模の大きな発電所を作って発電させた電気を売却することになります。

 

新規参入業者としては初期コストが高くなってしまう

当然ながら既にいくつもの発電所を所有している電力会社と比較した場合にかかる初期コストは高くなってしまうわけですが、電力会社が販売している電気よりさらに安く売るのはかなり厳しいという企業が多いため、電力自由化が始まってから急に電気代がマイナスになるということはあまり考えられません。

 

そのため、電力自由化が始まってもしばらくは静観するという姿勢を見せている人も少なくありませんが、一方で契約することによって他のサービスが安くなるなど付加価値に力を入れるところは多くなると予想されるため電気代に軸を置くのではなく付加価値に軸をおく人もいます。

 

しばらくは価格競争などが激しくなることが予想されますが、最終的に落ち着くのは電力会社が販売している電気料金とさほど変わらない可能性もあります。


電力自由化と既存の電力会社の競合

電力自由化,比較,電気事業者

電力自由化に対してどちらかというと肯定的な感情を持っている人は多くいますが、これまで独占状態だった電力市場に民間が介入することによって競争を生み、そこからさらに今よりも電気代が下がるという予想をしている人が多いことも理由としてあります。

 

確かに民間企業が介入することによって競争が激化することは十分に想定されることですが、これまで電気を販売してきた電力会社というのは地域に根差し、何十年という時間をかけてきた発電のノウハウや施設などがあるわけなので、これを上回る環境を構築することができる民間企業はそう多くないことも予想されます。

 

電気料金で競争するとは限らない

何が言いたいのかというと電力自由化によって競争が生まれるのはもちろんですが、そこで競争されるのが電気代とは限らず、提供しているサービスや付加価値などの可能性も考えられるため、場合によって電気代はかえって高くなる可能性もあります。

 

安くても設備不良などから大規模停電が起こってしまう可能性も想定されます。

 

数兆円という規模の市場であるため、新サービスがどんどん生まれることによって競争の内容も変わってくるかもしれませんが、既存の電力会社からすると競争相手が現れることによって負担が増えることは避けられません。

 

そのため、既存の電力会社についても電力自由化に伴って何らかの対応策を打ち出してくることが想定されるため、しばらくは静観して動きを見てから乗り換えを検討するのでも遅くはありません。


電力自由化のトラブルリスク

電力自由化,比較,電気事業者

電力自由化の制度が施行されるのに伴って、全く違う分野の企業が電気事業に参入することを表明していることからも分かるようにしばらくは新規参入する企業と既存の電力会社との間で競争になることが想定されます。

 

電力自由化によって消費者側のメリットとして言われているのが自分で会社を選んで自由に電気を購入することが出来る様になるという点で、電力会社を変えることによって電気代が安くなることや付加価値がプラスされるなどの期待もあります。

 

参入する会社が多いことから契約している電力会社から他の会社に乗り換えようとしている場合にどの会社を選んで良いのかというのは悩むポイントにもなってくると思いますが、新しく始まる制度ということもあって制度が馴染むまでには混乱も予想される次第です。

 

電力自由化はトラブルに注意

また、慌てて参入した感が否めない新規に参入する企業も少なくありませんが、不十分な設備によってせっかく安く電気を購入することができても電力供給が不安定になることによって停電のトラブルに見舞われるリスクもゼロではありません。

 

そのため、電力自由化が始まった後に乗り換える場合は電気代やサービスに主軸を置いて考えるのではなく、設備に対する信頼性や企業の信用性なども考慮して選んでいきたいものです。

 

また、太陽光発電などを利用して自家発電ができる環境であれば、それだけ購入する電気も少ないわけなので、電気代よりも付加価値に主軸を置く方がトラブルリスクを考えた際に無難です。

 

ENEOSでんき

 【ENEOSでんき】実は電気のベテランです!
 電気新規参入事業者は多いですが、実は一番オトクになるのは【ENEOSでんき】
・「ENEOS」は自社で発電しています!
・Tポイントも貯まります♪
※まとめなくてもお得にできるのは【ENEOSでんき】です!
>> まずは「我が家の電気代かんたんシミュレーター」で現在の料金比較をすぐに確認!

【贅沢亜鉛】牡蠣のチカラα


電力自由化の料金比較を行い最適な電気事業者を選ぶ時に必要なこと

「電力自由化の料金比較を行い最適な電気事業者を選ぶ時に必要なこと」の関連サイト